Column

家・住宅購入コラム

中古マンション価格動向(9月)

東京カンテイは10月21日、三大都市圏・主要都市別に中古マンション価格動向(9月)を発表しました。それによれば、首都圏は4305万円(前月比1.5%上昇)と5ヶ月連続で上昇しました。1都3県すべてで上がりました。
都県別に見ると、東京都は5876万円(前月比0.8%上昇)と15ヶ月連続で上昇し、この3ヶ月間は前年同月比で13%前後のプラスで推移しています。神奈川県は3204万円(同0.1%上昇)とほぼ横ばいでした。埼玉県は2619万円、千葉県が2384万円と両県とも同1.8%上昇しました。
首都圏全域で前年同月から10%以上の価格押し上げが続いています。
主要都市別に見ると、東京23区は平均6435万円(前月比0.1%上昇)とわずかながらも15ヶ月連続でプラスを維持しました。さいたま市は3197万円(同3.1%上昇)となり、横浜市が3492万円(同0.4%下落)と5ヶ月ぶりに落ち込みました。
都心6区は9239万円(前月比0.1%下落)となり、連続上昇は10ヶ月間で止まりました。一方、その周辺エリアは上昇傾向が続いています。同社は東京23区の流通戸数は4ヶ月続けて増加しており、価格改定の割合や値下げ率がやや拡大する動きだとします。
近畿圏の平均価格は2653万円(前月比0.7%上昇)と11ヶ月連続で上がりました。
府県別で見ると、大阪府は2893万円(同1.2%上昇)と8ヶ月連続で上昇し、兵庫県は2304万円(同0.4%上昇)と3ヶ月連続で上がりました。
主要都市別に見ると、大阪市は3684万円(前月比0.3%上昇)と小幅ながら上昇し、2ヶ月連続で最高値を更新しました。神戸市は横ばいの2257万円でした。大阪市中心6区は4876万円(前月比0.5%上昇)となりました。
中部圏では、平均価格が2137万円(前月比0.2%下落)でした。愛知県も平均2253万円(同0.5%下落)とともに価格に一服感が出たものの、前年同月との比較では高水準が続いています。名古屋市は2545万円(前月比0.9%下落)と4ヶ月ぶりに弱含みました。

金綱 利幸

所属会社:
株式会社リアルテクト
所属会社のWEBSITE:
http://realtect.co.jp/
保有資格:
AFP(日本FP協会認定) 宅地建物取引士

おすすめ記事

×

ページの一番上へ