Column

家・住宅購入コラム

21年度上半期首都圏マンション市場

不動産経済研究所の発表によると、21年度上半期(4月~9月)に首都圏で供給されたマンションの戸当たり平均価格は過去最高となる6702万円(前年同期比10.1%増)で、戸数は同44.7%増の1万2809戸でした。
戸当たり平均価格は、これまで最も高かった91年の6137万円を上回り、年度上半期として73年の調査開始以来最高額となりました。都区部が同17.0%増の8686万円と高額化が進み、全体平均をけん引。埼玉県も同8.3%増の4920万円と伸長しました。他方、都下は同0.2%増の5515万円とほぼ横ばいで、神奈川県(5139万円、同7.2%減)と千葉県(4414万円、同5.8%減)はいずれも下落しています。
1平米当たりの単価は首都圏平均が102.1万円(同9.7%増)で、こちらも過去最高。戸当たり平均価格と同様、主に都区部(136.6万円、同12.1%増)の上昇が全体を押し上げました。
供給戸数の首都圏平均は、新型コロナウィルス感染症の拡大やそれに伴う営業自粛などにより過去最低を記録した、前年同期の8851戸からの反動で大幅増となりました。19年の1万1996戸をやや上回る戸数であり、供給量はコロナ禍以前の水準に回復した様子が見られます。
なお、9月単月の首都圏マンションは、戸当たり平均価格が6584万円(前年同月比13.3%増)、1平米当たりの単価が98.9万円(同12.8%増)で、いずれも3ヶ月連続増。供給戸数は2311戸(同6.7%減)で2ヶ月ぶりに減少に転じました。

近畿圏の21年度上半期市場動向を見ると、戸当たり平均価格は4538万円で前年同期比13.0%増、1平米当たりの単価は73.7万円で同7.7%増。供給戸数は同42.1%増の8355戸でした。
戸当たり平均価格については、和歌山県(3543万円、同2.2%減)を除く全エリアで上昇。特に京都府下(3988万円、同24.0%増)や神戸市部(4478万円、同18.6%増)で増加率が高かったです。供給戸数は、奈良県(68戸、同69.2%減)を除く全エリアで増加しています。
9月単月の戸当たり平均価格は4757万円(前年同月比1.4%増)、1平米当たりの単価は76.3万円(同11.9%増)で、いずれも2ヶ月連続増。供給戸数は同1.5%減の1210戸で、2ヶ月連続の減少となりました。

×

ページの一番上へ