Column

お役立ち情報コラム

20年度首都圏流通動向

東日本不動産流通機構(東日本レインズ)がまとめた20年度(20年4月~21年3月)の首都圏不動産流通市場動向によると、首都圏における20年度の成約件数は中古マンションは3年ぶりに前年度を下回りましたが、中古戸建て住宅は3年連続で前年度を上回り、過去最高を更新しました。

【中古マンション】
中古マンションの成約件数は3万7049件(前年度比2.3%減)。3年ぶりに前年度を下回りましたが、3万7000件台は維持しました。都県・地域別で見ると、埼玉県と横浜・川崎市以外の神奈川県他地域が前年度を上回っています。
成約物件の1平米当たり単価は、首都圏平均56.14万円(同4.1%上昇)で8年連続の上昇となりました。この8年間で46.2%上昇しています。都県・区域別に見ると、すべての都県・地域で上昇しています。成約物件価格は3668万円(同5.5%上昇)でこちらも8年連続の上昇となり、3600万円台となっています。都県・地域別に見ると、すべての都県・地域で上昇となりました。
成約物件を価格帯別に見ると、5000万円以上の各価格帯で成約件数が増加しており、比率は3000万円以上の各価格帯が拡大しています。
成約件数の平均専有面積は65.33平均(同1.3%拡大)。平均築年数は22.10年(同21.81年)で経年化が進んでいます。

【中古戸建て住宅】
中古戸建て住宅の成約件数は1万4102件(同9.0%増)で、3年連続で前年を上回りました。19年度の1万3080件を上回り、過去最高を更新しています。都県・地域別にみると、すべての都県・地域で前年度を上回っています。
成約物件価格は首都圏平均で3199万円(同2.3%上昇)と2年連続で前年度を上回りました。都県・地域別に見ると、すべての都県・地域で上昇しています。
成約物件を価格帯別に見ると、すべての価格帯の件数が増加し、比率は2000万円以上5000万円未満、7000万円以上1億円未満の価格帯で拡大しています。
成約物件の平均土地面積は149.63平米(同2.8%拡大)、建物面積は105.51平米(同0.7%拡大)。平均築年数は21.42年(同21.49年)と築浅にシフトしています。

【新築戸建て住宅】
新築戸建て住宅の成約件数は5865件(同4.8%増)で3年連続で前年度を上回りました。都県・地域別では千葉県を除いて各都県・地域で増加しており、多摩地域の増加率が二桁を超えています。
成約物件価格は首都圏平均で3575万円(同2.0%上昇)。2年連続で前年度を上回り、3500万円台となっています。都県・地域別にみると、東京都区部と横浜・川崎市を除く各県・地域で上昇しています。成約物件の土地面積は121.14㎡(同1.7%縮小)、建物面積は97.90㎡(同0.7%縮小)と、共に縮小しています。

×

ページの一番上へ