Column

お役立ち情報コラム

20年7~9月の首都圏流通動向

東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は10月19日、7〜9月の首都圏流通動向をまとめました。成約件数は中古マンションでは前期の大幅減から増加に転じ、戸建て住宅も前期の大幅減から増加となりました。いずれも7〜9月期の件数としては、90年5月の機構発足以降過去最高となりました。

 

首都圏の中古マンションの成約件数は9537件で、前年比プラス1.4%となり、4期ぶりに前年を上回りました。
1平米単価は同3.6%上昇、成約価格は同5.8%上昇しました。
成約件数を都県・区域別に見ると、東京都区部は3991件(同1.5%減)。多摩は980件で同0.5%増となりました。神奈川県横浜市・川崎市は1675件で同プラス2.6%となり、4期ぶりの増加でした。神奈川県他は641件で同プラス2.9%となり、5期ぶりに前年を上回りました。埼玉県は1121件(同8.2%増)で4期ぶりに増加しました。千葉県も1129件(同3.7%増)と増加し、4期ぶりに前年を上回りました。平均成約価格は3656万円で同5.8%上昇。1平米当たりの単価は55.63万円で同3.6%の上昇となりました。

 

中古戸建ての成約件数は3664件で同8.5%増となり、前期の大幅減から再び増加に転じました。
都県・区域別では、東京都区部は621件で同1.0%の増加。多摩は510件で同12.3%増と二桁増となり、4期ぶりに前年を上回りました。
神奈川県横浜市・川崎市は548件で同8.1%の増加となりました。神奈川県他は483件で同13.6%増と二桁増になり、6期ぶりに前年を上回りました。埼玉県は707件で同7.4%の増加。千葉県は795件(同10.7%増)と二桁増となり、4期ぶりに前年を上回りました。
平均成約価格は3162万円(同2.0%上昇)となり、前期の二桁下落から再び上昇に転じました。
都県・区域別を見ると、東京都区部は5717万円(同5.7%上昇)となり、5期ぶりに前年を上回りました。多摩は3273万円(同10.1%上昇)で、二桁上昇となりました。
神奈川県横浜市・川崎市は3804万円で、同マイナス2.1%と前期に続いて前年を上回りました。埼玉県は2144万円と同1.4%上昇し、3期ぶりに前年を上回りました。千葉県は1870万円で同1.4%上昇となり、3期連続で前年を上回りました。

×

ページの一番上へ