Column

お役立ち情報コラム

4月度新設住宅着工戸数

国土交通省は、5月31日、4月分の建築着工統計調査報告を発表しました。それによると、新設住宅着工戸数は前年同月比7.1%増の7万4521戸で、2ヶ月連続の増加となりました。分譲住宅は減少しましたが、持ち家及び貸家が増加したため、全体で前年同月を上回りました。
新設住宅着工床面積は606万4000平米(前年同月比5.3%増)で3ヶ月ぶりの増加でした。また季節調整済年率換算値も88万3000戸(前月比0.3%増)で、4ヶ月連続の増加となりました。
戸数の内訳を見ると、持ち家は2万2877戸(前年同月比8.8%増)で6ヶ月連続の増加でした。公的資金による持ち家は減少したものの、民間資金による持ち家が2万641戸(同10.2%増)と大きく増加したため、持ち家全体の戸数を押し上げました。
貸家は2万8825戸(同13.6%増)で2ヶ月連続の増加。このうち民間資金による貸家は2万6056戸(同16.5%増)で3ヶ月連続の増加となっており、同省建設経済統計調査室は「事業者からは貸し付けの厳格化が少し和らぎ、融資を受けやすくなったという声を聞いている」と説明しました。

また、分譲住宅は2万2483戸(前年同月比0.3%減)で微減となり、先月の増加から再び減少に転じました。このうちマンションは1万776戸(同0.5%増)で、2ヶ月連続の増加。一方、戸建ては1万1595戸(同0.6%減)で17ヶ月連続の減少となっています。
地域別では、首都圏の総戸数は前年同月から減少したものの、中部圏、近畿圏においては増加しました。特に近畿圏では持ち家(前年同月比24.3%増)および貸家(同70.2%増)が2桁増で、近畿圏の総戸数(同31.4%増)を押し上げる形となりました。
なお、同調査室によると、持ち家、貸家ともに堅調さは認めつつも、前年同月(20年4月)は1度目の緊急事態宣言発令に伴う外出自粛や住宅展示場の閉鎖などから落ち込みが大きかった点を指摘。「現状で回復傾向とは言い切れないが、数年前の水準に戻ったという事業者の声は聞く。分譲戸建ての連続減については、土地の仕入れを増やそうという動きはあるものの、まだ改善できていないようだ」(同調査室)としています。

×

ページの一番上へ