Column

家・住宅購入コラム

中古マンション価格動向

東京カンテイはこのほど、三大都市圏・主要都市別に中古マンション価格動向を公表しました。それによれば、直近5月の首都圏は、平均価格が4699万円(前月比0.2%上昇)と13ヶ月連続で上昇しました。ただ同社では、上昇率が縮小傾向にあるとして、ピークアウト感が出始めているとしました。
都県別に見ると、東京都は6270万円と前月比横ばいで推移し、神奈川県が3452万円(同0.2%下落)とそろって上昇傾向に一服感が出ました。半面、埼玉県は2899万円(同1.5%上昇)となり、千葉県が2494万円(1.3%上昇)と強含んでいます。この2ヶ月間に前年同月比での上昇率は東京都を上回っています。都内に比べて割安感があることが価格上昇を手伝ったとします。
主要都市別に見ると、東京23区は6799万円(前月比0.1%上昇)とわずかながら上がり、23ヶ月連続で上昇しました。4月以降は上値が重くなっています。横浜市は3695万円(同0.1%下落)となり、千葉市が2257万円(同0.1%上昇)と目立った動きはありませんでした。さいたま市は、築古の増加で平均築年数がやや進んだにもかかわらず、3595万円(同2.0%上昇)と続伸し、1年前の同じ月との比較では上昇率は20%に迫っています。
都心6区(千代田・中央・港・新宿・文京・渋谷)は平均価格が9772万円(前月比0.4%上昇)と8ヶ月連続で上昇しました。城南・城西地区も上昇しましたが、城北・城東地区で一服感が出ました。東京23区では、在庫数が4ヶ月連続で増えています。
近畿圏を見ると、主要エリアがそろって強含みとなり、平均価格は2785万円(前月比0.5%上昇)と4ヶ月連続で上がりました。大阪府では、3009万円(同0.6%上昇)と2ヶ月ぶりに3000万円台を回復しました。兵庫県は、2384万円(同0.2%上昇)と3ヶ月続けて上がりました。
主要都市別に近畿圏を見ると、大阪市は3797万円(前月比0.3%上昇)と3月に記録した直近の最高値を上回りました。一方、先月に年初来の最高値を更新した神戸市は2346万円(同1.1%下落)と3ヶ月ぶりに落ち込みました。
大阪市中心6区(福島・西・天王寺・浪速・北・中央)は平均価格が4959万円(前月比0.8%上昇)と再び強含みました。
中部圏は平均2198万円(前月比1.6%上昇)となり、愛知県でも2336万円(同1.6%上昇)とそろい踏みで上がり、年初来の高値を更新しました。名古屋市は2677万円(同1.9%上昇)と再び上昇に転じ、3月に記録した最高値を上回りました。1年前の同じ月との比較では10%程度の高い伸びを示しています。名古屋市中心区(中・東・千種)は3577万円(同2.1%上昇)と比較的大きな上がり基調となりました。

徳本 友一郎

所属会社:
株式会社スタイルシステム
所属会社のWEBSITE:
http://www.style-system.net
保有資格:
CFP(日本FP協会認定)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、 宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー
著書:
初めての不動産購入で失敗しない17のチェックポイント

おすすめ記事

×

ページの一番上へ