Column

お役立ち情報コラム

5月分の新設住宅着工戸数

国土交通省は6月30日、5月分の建築着工統計調査報告を発表しました。それによると、新設住宅着工戸数は前年同月比9.9%増の7万178戸で、3ヶ月連続の増加となりました。持家および貸家、分譲住宅がいずれも増加したため。直近10年間では下から4番目の水準でした。
新設住宅着工床面積は585万2000平米(前年同月比12.6%増)で2ヶ月連続の増かとなりました。また季節調整済年率換算値は87万5000戸(前月比0.9%減)で、5ヶ月ぶりに減少しました。
戸数の内訳を見ると、持家は2万2887戸(前年同月比16.2%増)で7ヶ月連続の増加。民間資金による持家が2万689戸(同16.7%増)と7ヶ月連続で増加したことに加え、公的資金による持家も2198戸(同11.5%増)と4ヶ月ぶりに増加に転じており、持家全体の戸数を押し上げました。同省建設経済統計調査室が事業者へ行ったヒアリングによると、住宅展示場への来場者数が回復傾向にあるといいます。特に前年の同期間はコロナ禍の影響に伴う展示場休止などもあったため、今期の増加率が際立ちました。
また、貸家は2万5074戸(前年同月比4.3%増)で3ヶ月連続の増加。このうち公的資金による貸家は2430戸(同27.8%増)で、10ヶ月ぶりの増加となったことなどを受けたためです。
分譲住宅は2万1426戸(前年同月比8.4%増)で、先月の減少から再び増加に転じました。このうちマンションは9444戸(同1.6%増)で、3ヶ月連続の増加。また、戸建ては1万1797戸(同13.6%増)で18ヶ月ぶりの増加となりました。これは直近10年間の同月戸数では上から3番目に高い水準です。同調査室によると、大手事業者からは、昨春にストップしていた土地の仕入れが再開し、例年並みの水準に回復したという声が聞かれるといいます。
なお、同調査室では、ウッドショックに関して統計上は表れていないとしたうえで、「国交省全体では現場に影響が出ないよう対応を進めている」と説明しました。

×

ページの一番上へ